5月10日は地質の日

5月10日は「地質の日」

5月10日を中心に、「地質の日」を記念した講演會や野外観察會などのイベントを、全國の博物館や大學など研究機関で行っています。
各地で開催されるイベントを地域ごとに掲載しました。
みなさまのご參加をお待ちしています!

また、イベントを企畫している機関の方はどんどん登録してください!

  • イベントの登録

    Email: geologyday-jimu-ml(at)aist.go.jp 【 (at)を @ に置き換えてください。】
    電話: 029-861-3540
    FAX: 029-861-3746

     「地質の日」ロゴ/バナー/ポスターダウンロードはこちら

  • 地質の日とは

    5月10日は、明治9(1876)年、ライマンらによって日本で初めて広域的な地質図、200萬分の1「日本蝦夷地質要略之図」が作成された日です。
    また、明治11(1878)年のこの日は、地質の調査を扱う組織(內務省地理局地質課)が定められた日でもあります。
    2007年3月13日に、地質関係の組織?學會が発起人となって「地質の日」が定められました。

     詳しくはこちら

北海道地區

北海道「地質の日」展 実行委員會

北海道のジオパーク -地球の営みを體感する-

 北海道は火山?山岳?湖沼などの地球活動に由來する自然景観に恵まれ、道內には現在「洞爺湖有珠山ジオパーク」や「アポイ岳ジオパーク」など、準備中を含め 7 か所のジオパークがある。
 本展示では、それらの各地のジオパークを紹介することによって、道民?市民の皆さまに道內各地の自然の豊かさや自然の恵みを理解していただくとともに、それらをもたらす地球の営みについて知ってい ただく。

期間:2016年4月26日(火)~6月5日(日)
※5月2日(月)、9日(月)、16日(月)、23日(月)、30日(月)は休館

時間:9時~19時

場所 : 札幌市資料館1階展示室 (札幌市中央區大通西13丁目)【入場無料】

詳細は「札幌資料館」WEBサイトをご覧ください。
 URL:http://www.s-shiryokan.jp

お問い合わせ:北大総合博物館(在田)TEL:011-706-2414

市民セミナー「北海道のジオパークを語る」

日時:2016年5月7日(土)13時30分~16時30分

場所 :札幌市資料館2階研究室 (札幌市中央區大通西13丁目)【入場無料】

申し込み:不要。座席數(54席)を超えた場合は立ち見となります。

市民地質巡検「ぶらり小樽の地質と軟石建造物」

日時:6月5日(日)9時30分~16時30分

コース:小樽軟石採掘跡、小樽運河プラザなど

定員:約20名(中學生以上、體力に自信がある方)

參加費:300円(保険代?資料代等込み、當日集金します)

申込方法:
 往復はがき(1人に付き1枚)に「地質巡検申込み」と明記。返信先(住所)?氏名(フリガナも)?性別?生年月日及び當日連絡可能な電話番號を明記。
 申込先 〒047-0041 小樽市手宮1丁目3番6號 小樽市総合博物館 本館 
※5月20日(金)消印有効、申込み多數の時は抽選

お問い合わせ:小樽総合博物館 TEL:0134-33-2523/Email:[email protected]

共催:北海道大學総合博物館、日本地質學會北海道支部、産総研地質調査総合センター、道総研地質研究所,北海道博物館、札幌市博物館活動センター、小樽市総合博物館、北海道地質調査業協會
後援:北海道教育委員會、札幌市教育委員會
協力:洞爺湖有珠山ジオパーク、アポイ岳ジオパーク、白滝ジオパーク、三笠ジオパーク、とかち鹿追ジオパーク、十勝岳ジオパーク(美瑛?上富良野エリア)構想、カムイの大地ジオパーク構想、小樽軟石研究會、NPO 法人自然教育促進會

足寄動物化石博物館(北海道足寄町)

石はみがくと玉になる

十勝石(アショロア骨格模様入り)や結晶片巖(日高山脈のきらきら光る石)をみがきます。

日時:2016年5月8日(日)10時30分~,2時間程度

場所:足寄動物化石博物館化石工房

対象:小學生~一般

參加費:300円

申込:不要です。當日直接ご來館ください。

お問い合わせ

足寄動物化石博物
 〒089-3727 北海道足寄町郊南1丁目29
 TEL : 0156-25-9100 /FAX : 0156-25-9101
 URL:http://www.museum.ashoro.hokkaido.jp

東北地區

   

弘前大學理工學部地球環境防災學科(青森県弘前市文京町)

地質の日 in 弘前 2016 (午前の部)

恐竜のペーパークラフト作成と化石の観察

日時:2016年 5月14日(土) 10時~12時30分

場所 : 弘前大學理工學部1號館(弘前市文京町)

対象 : 小?中學生(小學校低學年は保護者同伴)

參加費 : 無料

申込方法 : 參加者の氏名と連絡先を記入し、5月12日(木)までに申込先までEメールまたはファックスで申込。応募多數の場合は申込順。

地質の日 in 弘前 2016 (午後の部)

講演「下北の地質とジオパーク」、企畫展「下北の地形?地質とジオパーク」の展示解説

日時:2016年 5月14日(土) 13時30分~15時

場所 : 弘前大學理工學部1號館、弘前大學資料館(弘前市文京町)

対象 : 高校生以上

參加費 : 無料

申込方法 : 事前申込不要

お問い合わせ?お申し込み

弘前大學理工學部地球環境防災學科 根本直樹
TEL/FAX:0172-39-3618
Email:nemoto(at)hirosaki-u.ac.jp 【 (at) を @ に置き換えてください。】

石と賢治のミュージアム(巖手県一関市)

地質観察會~賢治さんも観た?早池峰?七折の滝地層~(仮題)

2016年5月8日(日)

內容詳細は後日お知らせします。

化石採集?化石磨き

2016年8月11日(月:祝日)

內容詳細は後日お知らせします。

お問い合わせ

石と賢治のミュージアム
擔當:佐藤粛子
 TEL:0191-47-3655/FAX:0191-47-3944
 URL:http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/6,0,149,html

郡山市ふれあい科學館(福島県郡山市)

サイエンススタジオ「地球は生きている 巖石のひみつ」

私たちの住む大地は、地球の活動によってつくられました。大地はどのようにつくられたのか、巖石のひみつから探ってみましょう!

期間:2016年5月6日(金)~5月31日(火)※休館日(5月9日、16日、23日、30日)を除く。

時間:① 11時30分~11時50分 ② 14時30分~14時50分

場所:郡山市ふれあい科學館 展示ゾーン(21階) びっくり実験ラボ

定員:30名

詳細はWEBサイトをご覧ください。

お問い合わせ

郡山市ふれあい科學館
 TEL:024-936-0201
 URL:http://www.space-park.jp/display/s-studio/2016/05.html

 

関東地區

千葉県立中央博物館(千葉市中央區)

春の展示「石材が語る—火山がつくった日本列島」

石材を題材にして、日本列島の大地を形づくってきた火山の歴史的変遷を見ていきます。房総半島特産の「房州石」についても詳しく紹介します。

期間:2016年3月12日(土)~6月5日(日)※月曜休館

開館時間:9時~16時30分(入館は16:00まで)

場所:千葉県立中央博物館 企畫展示室

入場料:一般300円,高校?大學生150円,中學生以下及び満65歳以上の方は無料

詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:http://www2.chiba-muse.or.jp/index.php?page_id=953

本物の化石にさわってみよう

アンモナイトやクジラの骨などの本物の化石にさわってみます。

日時:2016年5月3日(火?祝)11時~15時

場所:千葉県立中央博物館 1階ホール

対象:どなたでも

定員:なし(當日先著順)

事前申込:不要

石を割ってみよう

専用の巖石ハンマーを使用して巖石を割る體験を行います。

日時:2016年5月4日(水?祝)10時~15時30分

場所:千葉県立中央博物館 1階入口前

対象:小學生以上(小學生は保護者同伴)

定員:なし(當日先著順)

參加費:保険料 50円

事前申込:不要

砂つぶからミニ水晶をひろおう

顕微鏡を使って砂の中から美しい石英の結晶をひろい出します。

日時:2016年5月5日(木?祝)10時~15時30分

場所:千葉県立中央博物館 1階ホール

対象:小學生以上(小學生は保護者同伴)

定員:なし(當日先著順)

事前申込:不要

地學観察會「房州石の石切場と鋸山の地質」

かつて房州石を切り出していた跡が殘る鋸山を訪ね、石切場跡とそこで見られる地層を観察します。

日時:2016年5月14日(土)10時30分~16時

場所:千葉県富津市

対象:小學生以上(小學生は保護者同伴)

定員:30名

參加費:テキスト代100円、保険料 50円

事前申込:必要(定員を超えた場合は抽選)
博物館ウェブページから申込みください。申込締切 4月30日(土)。往復葉書、ファクスでの申込みも可能。

地學観察會「上総層群の化石」

約60萬年前の地層から、貝の化石などを探します。

日時:2016年5月28日(土)13時~15時30分

場所:千葉県富津市

対象:小學生以上(小學生は保護者同伴)

定員:40名

參加費:保険料 50円

事前申込:必要(定員を超えた場合は抽選)
博物館ウェブページから申込みください。申込締切 5月14日(土)。往復葉書、ファクスでの申込みも可能。

地學観察會「街中の自然観察1 國分寺崖線を歩く」

東京都の西南部、國分寺崖線に沿って歩きながら、街なかの地形を中心に自然と人間の関わりを見ていきます。

日時:2016年5月29日(日)9時~17時

場所:東京都西南部

対象:どなたでも(小學生は保護者同伴)

定員:20名

參加費:テキスト代100円、保険料 50円

事前申込:必要(定員を超えた場合は抽選)
博物館ウェブページから申込みください。申込締切 5月15日(日)。往復葉書、ファクスでの申込みも可能。

お問い合わせ?お申し込み

千葉県立中央博物館
 〒238-0016 千葉市中央區青葉町 955-2
TEL : 043-265-3111/FAX : 043-266-2481
 URL:http://www2.chiba-muse.or.jp/?page_id=222

相模原市立博物館(神奈川県相模原市)

地質學講座「巖石學入門」

巖石の分類方法、成り立ち、特長など、巖石の基本的事項について學習します。

日時:2016年5月15日、29日、6月12日、26日、7月10日(いずれも日曜日)14時~ 16時 全5回

場所 : 相模原市立博物館実習実験室

対象 : 15歳以上(5回全てに參加できる方)

定員 : 30人(申込多數の場合は抽選)

事前申込 : 必要。往復はがきで相模原市立博物館まで。申込締切 4月15日(必著)。

詳細はWEBサイトをご覧ください。

お問い合わせ?お申し込み

相模原市立博物館
 〒252-0221 神奈川県相模原市中央區高根3-1-15
 TEL:042-750-8030/FAX:042-750-8061
 URL:http://sagamiharacitymuseum.jp/

佐野市葛生化石館(栃木県佐野市)

化石採集教室

フズリナやウミユリなど大昔の化石を一緒に探してみませんか?栃木県佐野市で採れる古生代ペルム紀の化石を探しに行きます。

日時:2016年4月17日(日)9時30分~15時 雨天中止

集合場所:葛生化石館入口前 ホール(葛生図書館入り口前)

化石採集場所:佐野市內山林

対象:小學5年生以上?一般(途中急な山登りや足元の悪い個所を通るため、年齢制限を設けさせていただきます。また體力に自信のない方はご遠慮ください。)

參加費:保険料など一人あたり200円

定員:15人(先著順)

申込:必要(3月15日(火)~3月31日(木)の間に電話又はメールで申し込んでください。ただし月曜日は休館日です。お申し込み受付できませんのでご注意ください。)

詳細はWEBサイトをご覧ください。

地質の日記念イベント「化石とあそぼう」

石灰石を磨いて化石を観察したり、化石探し體験などをしたりいろいろな化石體験して楽しく化石について學ぼう!

日時:2016年5月8日(日)10時?15時

場所:葛生化石館入口前 ロビー(葛生図書館入り口前)

対象:一般(小學生以下は保護者と一緒に參加してください)

參加費:それぞれ100~300円(無料の體験もあります)

定員:100人程度(材料は十分に用意しておりますが無くなり次第終了とさせていただきます。)

申込:不要。不明な點は化石館へお問合せ下さい。(月曜日は休館日です。)

詳細はWEBサイトをご覧ください。

お問い合わせ?お申し込み

佐野市葛生化石館
 TEL:0283-86-3332/FAX:0283-86-3600
 URL:http://www.city.sano.lg.jp/kuzuufossil/index.html

橫須賀市自然?人文博物館(神奈川県橫須賀市)

トピックス展示「三浦半島の地質図展」

地質の日(5月10日)を記念して、これまでに三浦半島でつくられた地質図を展示します。

期間:2016年4月23日(土) ~ 7月3日(日) ※月曜休館

場所:橫須賀市自然?人文博物館展示室

観覧料:なし

詳細はWEBサイトをご覧ください。

自然観察會「野比海岸の地層」

橫須賀市野比海岸の地層や巖石、斷層などを観察しながら、三浦半島の地球科學についてご紹介します。

日時:2016年5月8日(日) 9時30分~12時

場所:橫須賀市野比

対象:小學生以上 (ただし、小學生は保護者同伴のこと)

定員 : 30人(申込多數の場合は抽選)

參加費:1人50円

事前申込 : 必要。往復はがきで橫須賀市自然?人文博物館まで。申込締切4月23日 (土)(必著)。詳細はWEBサイトをご覧ください。

お問い合わせ?お申し込み

橫須賀市自然?人文博物館
 〒238-0016 神奈川県橫須賀市深田臺95番地
 TEL:046-824?3688
 URL:http://www.museum.yokosuka.kanagawa.jp/

一般社団法人日本地質學會(東京都千代田區)

第7回惑星地球フォトコンテスト入選作品展示會(本部企畫)【つくば會場】

地質標本館(茨城) (地質標本館2016年春の特別展?第7回惑星地球フォトコンテスト入選作展示會「地球寫真の世界」)
産業技術総合研究所地質調査総合センター共催
 URL:http://www.xbdolp.icu/Muse/exhibition/archives/2016/2016_spring.htm

日時:2016年 4月19日(火)~ 5月22日(日)

會場:地質標本館(茨城県つくば市東1-1-1)入館無料

表彰式:2016年 4月23日(土) 13時30分

特別講演會:2016年 4月23日(土) 14時30分  
白尾委員長特別講演會「地球を見た!撮った!」
 URL:http://www.xbdolp.icu/Muse/event/archives/20160423_event.html

第33回地球科學講演會「カンブリア大爆発のあとさき」(近畿支部企畫)

主催:地學団體研究會大阪支部?日本地質學會近畿支部?大阪市立自然史博物館

日時:2016年5月 8日(日) 13時30分~ 15時30分 (受付は12時30分~)

場所:大阪市立自然史博物館講堂

講師:江﨑洋一氏(大阪市立大學大學院理學研究科地球學科教授)

事前申込:不要

街中ジオ散歩 in Tokyo「國會議事堂の石を見に行こう」

日時:2016年5月14日(土) 1回目 10時~11時30分 2回目 14時~15時30分

対象:小學生以上(小中學生は保護者同伴)

定員:50名(申し込み多數の場合は抽選)

參加費:1500円(小學生500円)

詳細はWEBサイトをご覧ください。

講演會 「日本の地質學:最近の発見と応用2016」(本部企畫)

日時:2016年5月21日(土) 11時~ 13時

場所:北とぴあ第2研修室 (東京都北區王子)

參加費:會員無料,非會員500円

CPDの対象となります。(CPDH:2単位)

第7回惑星地球フォトコンテスト入選作品展示會(本部企畫)【東京會場】

銀座プロムナードギャラリー(東京)

日時:2016年 6月11日(土)午後~ 6月25日(土)12時迄

會場:銀座プロムナードギャラリー(中央區銀座4丁目東銀座地下歩道壁面)

お問い合わせ

日本地質學會
 URL:http://www.geosociety.jp/name/content0139.html

産業技術総合研究所地質調査総合センター(茨城県つくば市)

地質標本館2016年春の特別展
第7回「惑星地球フォトコンテスト」入選作展示會『地球寫真の世界』

地質標本館2016年春の特別展?第7回惑星地球フォトコンテスト入選作展示會「地球寫真の世界」
産業技術総合研究所地質調査総合センター?地質學會 共催

期間:2016年4月19日(火)~ 5月22日(日)

會場:地質標本館(茨城県つくば市東1-1-1)入館無料

表彰式:2016年 4月23日(土) 13時30分

詳細はWEBサイトをご覧ください。
URL:
http://www.xbdolp.icu/Muse/exhibition/archives/2016/2016_spring.html

特別講演會「地球を見た!撮った!」

第7回「惑星地球フォトコンテスト」審査委員長である寫真家?白尾元理氏特別講演會

日時:2016年4月23日(土) 14時30分

會場:地質標本館(茨城県つくば市東1-1-1)入館無料

詳細はWEBサイトをご覧ください。
URL:
http://www.xbdolp.icu/Muse/event/archives/20160423_event.html

「地質の日」記念イベント 地質標本館イブニング?ジオ?ツアー

日時:2016年4月28日(木)18時30分~19時30分(受付開始 18:00)

會場:地質標本館(茨城県つくば市東1-1-1)入館無料

コース:
1.化石で見る地質研究
地質の研究の中での化石の役割を、地質標本館の展示物を使って解します。
2.資源を作る水のちから
資源は、実は水のいろいろな「ちから」が関わって生み出されます。展示物を通して、多様な水のちからと資源の関係を解説します。

定員:各コース20名(高校生以上を対象)

事前申込:必要。詳細はWEBサイトをご覧ください。
URL:
http://www.xbdolp.icu/Muse/event/archives/20160428_event.html

「地質の日」記念イベント 第5回GSJ ジオ?サロン(予定)

日時:2016年5月30日(月)17時30分~19時30分

會場:地質標本館(茨城県つくば市東1-1-1)入館無料

演題:ウェブカラ地質図

演者:內藤 一樹

*詳細は隨時掲載
URL:http://www.xbdolp.icu/Muse/

お問い合わせ

産業技術総合研究所 地質標本館
 〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1
 TEL:029-861-3750
 URL:http://www.xbdolp.icu/Muse/

三浦半島活斷層調査會(神奈川県逗子市)

地質の日 記念行事?城ケ島地質普及講座「深海から生まれた城ケ島」

火山活動と地震活動に焦點をあてて城ケ島の自然を楽しみます。

三浦半島最南端の城ケ島は風光明媚な観光地として知られています。
この自然豊かな城ケ島には美しい風景や動物?植物ばかりでなく、たくさんの変化に富んだ地形?地質を見ることができます。
炎が舞っているような火山灰の地層や複雑な斷層、深海に生活していた生物の痕跡、激しい火山爆発によってもたらされた火山豆石やゴマ塩火山灰などなど。城ケ島には、三浦半島誕生の秘密がたくさん詰まっています。

日時:2016年5月22日(日)10時~15時(小雨決行)

集合場所:京急バス白秋碑前バス停 城ケ島公園第二駐車場

集合時間:10時 三崎口発城ケ島行きバス 9:11をお勧めします(9:33ではぎりぎり)

行程:駐車場―安房崎―馬の背洞門―長津呂―灘が崎―バス終點(終了?解散)

募集人員:50人

參加費用:500円(資料代【城ケ島探検マップ等】+保険料)

注意事項:海岸の巖場を歩くので、履きなれた靴でご參加を。飲み物?弁當は各自持參

申込方法:往復はがき又はEmailにて、住所、氏名、電話番號をご記入の上5月10日までに三浦半島活斷層調査會事務局までお申込みください。

お問い合わせ?お申し込み

三浦半島活斷層調査會 事務局(赤須邦夫方)
 〒249-0008 神奈川県逗子市小坪5-16-11
 TEL:0467-24-0935
 Email:[email protected]

平塚市博物館(神奈川県平塚市)

國際博物館の日?地質の日記念 博物館こどもフェスタ2016 「おいしく學ぶキッチン火山実験」

ココアやチョコを使って火山実験をします。

日時:2016年5月7日(土)10時~12時

場所:平塚市博物館 科學教室

參加:先著20名、午前9時より科學教室前にて受付。

參加費:200円

國際博物館の日?地質の日記念 博物館こどもフェスタ2016 「小さいけど偉大なプチ化石実物図鑑つくり」

丹沢産の有孔蟲化石を含む石灰巖で実物標本を作ります。

日時:2016年5月7日(土)13時~16時

場所:平塚市博物館 科學教室

參加:先著45名(15人ずつ3回に分けて実施)、午前12時より科學教室前にて受付。

參加費:100円

お問い合わせ

平塚市博物館
 〒254-0041 神奈川県平塚市淺間町12-41
 TEL:0463-33-5111
 URL:http://www.hirahaku.jp/

深田地質研究所(東京都文京區)

第172回深田研談話會(現地)
地質技術者のための露頭寫真の撮り方-箱根火山巖類を対象に-

地質踏査を行う際、露頭の寫真撮影が必要になります。地質技術者の中には、撮影機材にこだわる方も多いようです。一口に寫真といっても、切り口一つでその印象が劇的に変わります。箱根ジオパークの一角を擔う真鶴半島にて、プロ寫真家の講師と一緒に撮影をしてみませんか。火山巖石學の専門家による、中~上級者向けの地質解説も実施します。

講師:白尾 元理 氏(地質寫真家)
   山下 浩之 氏(神奈川県立生命の星?地球博物館)

日時:2016年5月14日(土) 10時~17時【14時30分開場】

見學場所(予定):
 St.1 ケープ真鶴(講演&真鶴町立遠藤貝類博物館の見學)
 St.2 三ツ石海岸(晝食&ドローンによる撮影デモ;好天時のみ)
 St.3 番場浦 ~ St.4 大ヶ窪海岸 ~ St.5 巖海岸

定員 : 20人(申込多數の場合は抽選)

參加費:無料

事前申込 : 申込期間は3月30日(水)~ 4月19日(火)。抽選結果は4月25日 (月)までに通知します。

詳細案內と參加申込みはWEBサイトをご覧ください。

お問い合わせ?お申し込み

深田地質研究所
 〒113-0021 東京都文京區本駒込2-13-12
 TEL: 03-3944-8010
 URL:http://www.fgi.or.jp/

新島村博物館(東京都新島村)

式根島大浦?帆縫原周辺の地質見學

平成28年の「地質の日」の行事「新島村の地質を知ろう」は、5年ぶりに式根島の北部で実施します。入り江の多く平坦な式根島は、美しい景色の歴史豊かな島です。新緑の大浦や帆縫原周辺を歩いてみませんか。

日時:2016年5月7日(土)12時~15時40分 ※雨(荒)天順延:5月14日(土)

集合場所:野伏港

コース:野伏港~信號付十字路~ ( 大浦 おうら ) ( 帆縫原 ほぬいばら ) ~泊~野伏港(約3km)

案內者:磯部一洋(新島村博物館館外研究協力委員)

対象:小學生以上

事前予約:不要

費用:無料(新島からは乗船券が必要です)

持參品:筆記用具、飲料水など(食事は集合前に済ませて下さい)

お問い合わせ

新島村博物館
 〒100-0402 東京都新島村本村2丁目36番3號
 TEL:04992-5-7070
 URL:https://www.niijima.com/facility/community/hakubutsukan/

群馬県立自然史博物館(群馬県富岡市)

地質の日ミニ展示「きみも石ころ探偵」

用意された道具を使って犯人(巖石又は鉱物)を探してみるシナリオが3つあります。ニコル探偵とポーラー助手を手伝って、犯人を探してみよう。

期間:2016年5月7日(土)~6月5日(日)(月曜日は休館日)

時間: 9時30分~17時

場所:群馬県立自然史博物館エントランス

參加費:無料

定員:なし

事前申し込み:不要

詳細はWEBサイトをご覧ください。

お問い合わせ

群馬県立自然史博物館
 〒370-2345 富岡市上黒巖1674-1
 URL:http://www.gmnh.pref.gunma.jp/index.html

中部地區

岐阜県博物館(岐阜県関市)

移動展「ひだの自然」

北アルプスに生息するライチョウの剝製や、荘川の恐竜化石や神岡鉱山の鉱物など、飛騨が誇る豊かな自然を紹介します。高山市周辺の方々や観光客のみなさまが、飛騨特有の自然事象への関心を高めていただけます。
【主催】岐阜県博物館、飛騨高山まちの博物館

期間:2016年4月13日(水)~平成28年6月12日(日)

場所:飛騨高山まちの博物館 2F矢嶋蔵

詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:http://www.gifu-kenpaku.jp/tenji

開館40周年記念講演會「地中深くから観る宇宙~ニュートリノから暗黒物質の正體に迫る~」

長くスーパーカミオカンデでニュートリノ等を研究された教授に、2015年ノーベル物理學賞の受賞理由となったニュートリノ振動の発見や、謎の素粒子が支配する宇宙についてご講演いただきます。

日時:2016年5月14日(土)13時30分~15時

場所:岐阜県博物館 マイミュージアム棟3階ハイビジョンホール

講師:伊藤好孝 氏(名古屋大學宇宙地球環境研究所 教授)

定員:120名

詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:http://www.gifu-kenpaku.jp/events/category/otonamuke

移動展ワークショップ「水晶ジオード割り」

飛騨高山まちの博物館で開催中の「ひだの自然」の関連事業として、身近な鉱物である水晶ジオード割り體験します。この実物體験を通して、水晶について學ぶとともに、飛騨市神岡町の神岡鉱山の鉱物や歴史についても擔當者が解説します。

日時:2016年5月15日(日)11時~14時

場所:飛騨高山まちの博物館 研修室

定員:各回40名

詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:http://www.gifu-kenpaku.jp/events/category/kodomo

開館40周年記念講演會「小惑星探査機“はやぶさ2”が探る太陽系の謎~小惑星に水と生命の起源を求めて~」

近赤外分光計による小惑星リュウグウの含水鉱物の調査に交えて、「はやぶさ2」の開発秘話や、「はやぶさ2」で明らかになる太陽系の科學、宇宙という壯大な世界を相手に取り組まれたご自身のこれまでについて、ご講演いただきます。

日時:2016年6月19日(日)13時30分~15時

場所:岐阜県博物館 マイミュージアム棟3階ハイビジョンホール

講師:巖田隆浩 氏(宇宙航空研究開発機構 宇宙科學研究所 準教授)

定員:120名

詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:http://www.gifu-kenpaku.jp/events/category/otonamuke

けんぱく教室「古生物のひみつを探ろう~バックヤードツアーと三葉蟲のノジュール割り~」

普段は見ることができない博物館の裏側を見學し、博物館の役割や學蕓員の仕事をより深く理解できます。また、世界的な三葉蟲の産地であるモロッコの石を実際に割って、実物の三葉蟲を取り出して観察し、三葉蟲について學びます。

日時:2016年6月25日(土)13時30分~15時30分

場所:岐阜県博物館 本館3階講堂

定員:30名

詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:http://www.gifu-kenpaku.jp/events/category/kodomo

特別展「新?恐竜學~鳥に進化した恐竜の脳科學~」

恐竜の一部は絶滅することなく、現在の地球上に鳥として生き殘っています。本特別展では多くの恐竜の全身骨格を中心に展示し、特に恐竜の脳がどのようなものであったのか、最新の恐竜研究にもとづき明らかにします。【主催】岐阜県博物館、中日新聞社

期間:2016年7月8日(金)~平成28年9月4日(日)

會場:岐阜県博物館 本館4階 人文展示室2?特別展示室

詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:http://www.gifu-kenpaku.jp/tenji

お問い合わせ

岐阜県博物館
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1989(岐阜県百年公園內)
 TEL:0577-28-3111
 URL:http://www.gifu-kenpaku.jp

中津川市鉱物博物館(岐阜県中津川市)

第36回 私の展示室「私のお気にいりの石たち―水晶?寶石?産業に欠かせない石―」

種々の形態?色の水晶、自然の結晶とカットし磨かれた石、なじみ深い鉱物と珍しい鉱物、さまざまな観點で集められた石たちを展示します。

日時:2016年3月19日(土)~5月29日(日)

會場:中津川市鉱物博物館 企畫展示室

詳細はWEBサイトをご覧ください。

石割體験

恐竜が絶滅する前にできた石を割ってみよう。かたい石があなたの手でまっぷたつ!
花こう巖=みかげ石を、プロの道具で実際に割ってみることができます。

日時:2016年5月4日(水?祝) 13時30分~14時30分

場所:中津川市鉱物博物館

対象:小學生以上

費用:入館料のみ(中學生以下は無料、一般320円)

詳細はWEBサイトをご覧ください。

私の展示室ワークショップ「金屬探知機をつかってお寶さがし」

金屬探知機をつかって、砂にうまったコインを探そう。見つけられた人には,素敵な水晶をプレゼント!

日時:2016年5月5日(木?祝) 10時~16時(隨時受付)

場所:中津川市鉱物博物館

対象:小學生以上

費用:入館料のみ(中學生以下は無料、一般320円)

詳細はWEBサイトをご覧ください。

お問い合わせ

中津川市鉱物博物館
 TEL:0573-67-2110/FAX:0573-67-2191
 URL:http://mineral.n-muse.jp

蒲郡市生命の海科學館(愛知県蒲郡市)

『地質の日』講演會 「オーストラリアの荒野によみがえる原始生命」

【講師】 國立大學法人 名古屋大學大學院 環境學研究科 教授 杉谷 健一郎 さん
専門分野は、アストロバイオロジー「宇宙生物學」。
西オーストラリアや南アフリカから産出する30~35億年前の微化石についての研究を進めており、地球初期の生命の姿と進化について明らかにするとともに、 他惑星での生命進化の可能性についても論じたいと考えている。
(著書:「オーストラリアの荒野によみがえる原始生命」(共立出版,2016))

日時:2016年5月15日(日)14時~15時30分

會場:蒲郡市生命の海科學館 1F サイエンスショールーム

対象:大人向け

參加費:無料

お申込み:事前申込み不要です。直接會場へお越しください。

『地質の日』関連ワークショップ 「水晶を探そう!」

美しい鉱物は、地球のたからもの。
石を割って、キラキラかがやく水晶を探そう!

日時:2016年5月14日(土)11時~12時

會場:蒲郡市生命の海科學館 1F サイエンスショールーム

対象:小學校高學年以上(4年生以下は保護者同伴)

定員:20名

參加費:100円
※開催の45分前から會場の前で參加整理券を配布します。

お問い合わせ

蒲郡市生命(いのち)の海科學館
〒443-0034 愛知県蒲郡市港町17-17
 TEL:0533-66-1717/FAX:0533-66-1817
 Email:[email protected]
 URL:http://www.city.gamagori.lg.jp/site/kagakukan/

近畿地區

きしわだ自然資料館(大阪府岸和田市)

地質の日記念?きしわだ恐竜教室子どもの部2016

毎年恒例の「恐竜教室子どもの部」を開催します。
若手古生物研究者による、恐竜研究最新情報をまじえたお話や、復元畫の作成、ティラノサウルスフィギュアへの彩色に挑戦してみましょう。おとなの方だけの參加も可能です。

日時:2016年5月22日(日曜日)13時30分~15時30分

場所:きしわだ自然資料館1階ホール(岸和田市堺町6-5)

講師:徳川広和氏(きしわだ自然資料館専門員?造形作家)?大阪市立大學恐竜サークル「ジェラシックパー君」

定員:小學生以上30名(小學生は保護者同伴?幼児同伴不可)

費用:500円(材料費)

申込方法:往復はがきか電子メール(攜帯電話からは不可)で、5月16日(必著)までに、保護者を含む參加者全員の郵便番號?住所?氏名?年齢(小中學生は學年)?電話番號を記入し、自然資料館「恐竜教室2016」係までお送りください。申込者多數の場合は抽選を実施します。なお、規定以外の方法でのお申し込みや記入漏れについては、失格となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ?詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/shizenshi/dino201605.html

自然資料館ミニ実習

自然資料館2階展示室では、5月8日を除く日曜日と祝日に、小學生以上を対象にしたミニ実習をおこなっています。
事前申し込み不要で(おとなの方は入場料が必要です)、つくった作品は持って帰ることができます。おとなの方だけの參加も大歓迎です。
內容によっては、幼児參加が可能なプログラムもありますが(下記參照)、幼児の方が実習に參加される場合は、小學生同様、保護者同伴でお願いいたします。

2016年5月のミニ実習プログラム?地質の日に関するもの
 5月1日(日曜日):東北遠征団ワークショップ?魚竜?首長竜?モササウルスの貼り絵をつくろう(幼児可)
 5月15日(日曜日):彌生文化博物館がやってきた!本物の土器にさわろう
 5月22日(日曜日):化石のレプリカをつくろう

時間:14時~16時

場所:きしわだ自然資料館2階ミニ実習コーナー

対象:小學生以上(小學生以下は保護者同伴)

定員:小學生以上30名(小學生は保護者同伴?幼児同伴不可)

費用:高校生以上200円(入場料)

講師:東北遠征団のみなさん(5月1日)?彌生文化博物館學蕓員(5月15日)?當館およびきしわだ自然友の會スタッフ

申込方法:當日13時30分より先著順 (定員20名)

注意:ミニ実習に參加される小學生以下の方は、かならず保護者同伴でお願いいたします。保護者の方は、入場料をお支払いの上、ご同伴ください。
駐車場が少ないので、近くの方は公共交通機関でお越しください。
當館の駐車場が満車になった場合は、岸和田市役所駐車場に駐車してください。

お問い合わせ?詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/shizenshi/mini201605.html

岸和田南部の地質(観察會)

岸和田市河合町周辺には、白亜紀の斷層活動によって地下10數キロで作られた、マイロナイトと呼ばれる変わった巖石が分布します。他にも周辺には、花こう巖と大阪層群の関係が見られる露頭、1,500萬年前の火山活動による巖石など、さまざまな地質現象を観察することができます。中生代から現在に至る大地のおいたちを観察してみませんか。おとなの方だけの參加も大歓迎です。

日時:2016年5月29日(日曜日)9時~16時

場所:岸和田市河合町周辺

定員:小學生以上20名(小學生は保護者同伴?幼児不可)

費用:ひとり50円(保険料)

講師:奧平敬元氏(大阪市立大學大學院理學研究科準教授)ほか

持ち物:筆記用具?晝食?飲み物?観察に必要な道具?長靴(詳細は當選者にお知らせします)

申込方法:往復はがきか電子メール(攜帯電話からは不可)で、5月16日(必著)までに、保護者を含む參加者全員の郵便番號?住所?氏名?年齢か學年?電話番號を記入し、自然資料館「河合町」係までお送りください。申込者多數の場合は、抽選を行います。なお、各行事の申し込みについては、電子メール1通につき1行事でお願いします。

注意:駐車場はありません。路線バスでお越しください。

主催:大阪市立自然史博物館?地學団體研究會大阪支部?日本地質學會近畿支部?きしわだ自然資料館

お問い合わせ?詳細はWEBサイトをご覧ください。
 URL:https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/shizenshi/kawai2016.html

お問い合わせ

きしわだ自然資料館
 〒596-0072 大阪府岸和田市堺町6番5號
 URL:https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/shizenshi/

一般社団法人日本地質學會

第33回地球科學講演會「カンブリア大爆発のあとさき」(近畿支部企畫)

主催:地學団體研究會大阪支部?日本地質學會近畿支部?大阪市立自然史博物館

日時:2016年5月 8日(日) 13時30分~ 15時30分 (受付は12時30分~)

場所:大阪市立自然史博物館講堂

講師:江﨑洋一氏(大阪市立大學大學院理學研究科地球學科教授)

申込み:不要

お問い合わせ

日本地質學會
 URL:http://www.geosociety.jp/name/content0139.html

近畿地方環境事務所

第9回地質の日記念、吉野熊野國立公園指定80周年及び大規模拡張記念
『地層ってこんなもんだ! ~ジオサイト「和深海岸」?「江田海岸」を訪ねて~』

① 和深及び江田で見られる特異な地形、地質についてのレクチャー
② 上記に関するフィールドワーク

日時:2016年5月21日(土)10:00~15:30 (受付開始9:30)
予備日:2016年5月22日(日)

集合場所:串本町立文化センター

対象:一般(小學生以下は保護者同伴)

定員:20名

參加費:1人100円(保険料)

準備品と服裝:不整地を歩ける靴(ハイヒール等は不可)、晝食、飲み物、タオル、帽子

申込方法:5月13日(金)17:00までに必要事項(氏名、連絡先、年齢、性別)を吉野熊野國立公園宇久井ビジターセンターへ電話かFAXにて申し込む。(定員になり次第申込終了)

主催:近畿地方環境事務所?串本町
協力:南紀熊野ジオパークガイドの會、和歌山大學災害科學教育研究センター
   吉野熊野國立公園 宇久井ビジターセンター
後援:南紀熊野ジオパーク推進協議會

お問い合わせ?お申し込み

吉野熊野國立公園 宇久井ビジターセンター
 TEL:0735-54-2510(受付時間 開館日(水曜日以外)8:00~17:00)
 FAX:0735-54-1540
 URL:環境省 http://kinki.env.go.jp/to_2016/980.html

和歌山県立自然博物館(和歌山県海南市)

「和歌山県の石」決定!(展示)

日本地質學會が選定した各都道府県ごとにその地域を代表する「県の石」のうち、「和歌山県の石」について紹介します。「県の石」は化石?巖石?鉱物のカテゴリー別に選定されていますが、それぞれについて數點ずつ標本を展示いたします。

期間:2016年5月17日(火)~6月30日(木)

開館時間:午前9時30分?午後5時(入館は閉館30分前まで)

休館日:月曜日(祝日?振替休日の場合は次の日)

場所:和歌山県立自然博物館 話題のコーナー

詳細はWEBサイトをご覧ください。

お問い合わせ

和歌山県立自然博物館
 〒642-0001 和歌山県海南市船尾370-1
 TEL:073-483-1777
 FAX:073-483-2721
 URL:http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/

田辺ジオパーク研究會(和歌山県田辺市)

「地質の日」吉野熊野國立公園指定80周年?拡張記念2016 田辺市「天神崎?元島」探訪と清掃しよう!

巖石海岸地形レクチャー、生痕化石探し?磯の生き物にも觸れる

日時:2016年6月4日(土)10時~14時30分

集合場所:天神崎駐車場

対象:主に會員

定員:先著20名

費用:500円(資料代?保険料)

講師:和歌山県立自然博物館 學術研究員 吉松敏隆氏

申込?詳細は「田辺ジオパーク研究會HP掲示板」をご覧ください。
締切:6月2日(木)

注意事項:磯歩きに適した靴、晝食?タオル?飲み物?帽子等を各自準備してください。

お申込み?お問い合わせ

田辺ジオパーク研究會HP掲示板 松下泰子
 TEL:0739-22-8048
 Email:m-yasuko(at)mb.aikis.or.jp 【 (at) を @ に置き換えてください。】
 URL:http://www.aikis.or.jp/~je1ppe/

中國?四國地區

防府市青少年科學館ソラール(山口県防府市)

―地質の日特別講座― 地學実験教室「太古の生き物を見つけよう」

現在では“化石”でしか見ることのできない太古の生き物についてのお話を行います。また、ハンマーとタガネで石を割って化石を探し、観察します。見つけた化石は持ち帰ることができます。

日時:2016年5月8日(日)13時~15時

場所 : 防府市青少年科學館ソラール(山口県防府市壽町6番41號)

対象 : 小學3年生以上

定員 : 20人

費用: 300円(観覧料別途)

事前申込 : 開催日の一か月前から、電話、FAX、Email、直接來館でお申込みください。

お問い合わせ?お申し込み

防府市青少年科學館ソラール
 TEL:0835-26-5050/FAX:0835-23-6855
 Email:[email protected](申込専用アドレス)
 URL:http://www.solar-hofu.sakura.ne.jp/

愛媛県総合科學博物館(愛媛県新居浜市)

鉱物☆萬華鏡をつくろう

色とりどりの鉱物(ガーネット、アメジスト、ペリドットなど)で、オリジナル萬華鏡をつくってみよう。

日時:2016年5月8日(日)10時30分~12時、13時30分~16時

場所:展示棟3階科學技術館 サイエンス工房

定員:先著100名程度

費用:常設展観覧券が必要です

お問い合わせ

愛媛県総合科學博物館
 〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院2133-2
 TEL:0897-40-4100
 博物館URL:http://i-kahaku.jp/
 イベント情報URL:http://i-kahaku.jp/event/

秋吉臺科學博物館(山口県美禰市)

自然観察會「新緑の秋吉臺」

新緑の広がる秋吉臺で野草や石灰巖、化石を観察し、自然豊かな秋吉臺を學びます。
この季節の秋吉臺は新緑が最も美しい時期で、素晴らしい展望を満喫できます。ムラサキやハシナガヤマサギソウ、ヤマハタザオなどの野草も観察できます。

日時:2016年5月15日(日)10時~16時 ※雨天の場合中止
(9時30分~10時受付)

講師: 秋吉臺の自然に親しむ會 會員、秋吉臺科學博物館 學蕓員

観察コース:長者が森駐車場~冠山~桐ヶ臺~良悟松~長者が森駐車場

準備する物:弁當、飲み物、草原を歩ける服裝、靴

參加費:無料

參加申し込み:必要なし(現地集合)

主催:秋吉臺科學博物館、秋吉臺の自然に親しむ會

お問い合わせ

秋吉臺の自然に親しむ會 事務局 松井茂生
 TEL:090-4895-3663
秋吉臺科學博物館
 TEL:0837-62-0640
 URL:http://www.c-able.ne.jp/~akihaku/amnh/index.html

九州?沖縄地區

佐賀県立宇宙科學館(佐賀県武雄市)

ジオ?フェスタ2016「天然石ストラップを作ろう」

色とりどりの天然石を組み合わせて、オリジナルのストラップを作ります。

期間:2016年4月29日(金?祝)~5月8日(日)

時間:13時~14時30分

費用: 300円(材料費)

お問い合わせ

佐賀県立宇宙科學館
 TEL:0954-20-1666/FAX:0954-20-1620
 Email:[email protected]
 URL:http://www.yumeginga.jp

九州大學総合研究博物館(福岡市)

地質の日記念「化石化のメカニズムを探る:プロフェッサー前田の化石講座」

未公開のアンモナイト化石や太古のパレオ?モンスター達の化石を展示します。実際に手で本物に觸ってもらいながら、生物の遺骸が“太古の錬金術”によって化石になる道のりをマニアックに解説します。

日時:2016年5月14日(土)10時~16時30分

場所:総合研究博物館?10番講義室(舊工學部本館3階)

定員:なし[事前申込不要;無料]

お問い合わせ

九州大學総合研究博物事務室
 TEL:092-642-4252
 URL:http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/

 
5月10日は地質の日 2016年(第9回)の活動|5月10日は地質の日|産総研地質調査総合センター  Copyright © 2001-2016 Geological Survey of Japan, AIST
赛车彩票官网